車検が切れるとどうなるの?

車検制度は運転する人なら誰もが知っている制度です。万が一車検切れの車を運転した場合は罰則規定があるので注意しましょう。

無車検運行と無保険運行

車検切れの車を運転した場合は「無車検運行」となり、違反点数6点と6ヵ月以下の懲役または30万円以下の罰金です。また違反点数6点は処分前歴がなくても30日の免許停止となります。
車検切れの車の場合、十中八九「自賠責保険」も切れていますので、「無保険運行」となります。こちらは違反点数6点、1年以下の懲役または50万円以下の罰金です。つまり合計して違反点数12点となりますので、処分前歴がなくても90日の免許停止になります。

車検が切れてしまったら

車検が切れた場合、そのままだと公道を走れないので「仮ナンバー」というものを取得する必要があります。ただし仮ナンバーは整備工場などに回送する場合に限るため、普通に運転できるわけではありません。そのため車検切れの車を引き取りに来てくれるところに頼むか、仮ナンバーで店舗まで持っていって車検を頼むかの2択になります。

車検はちゃんと確認しよう

車検の有効期限は車検証もしくはステッカー(検査標章)で確認できます。車に積んである車検証か、フロントガラスの上部に貼られているステッカーを見ましょう。また、車検業者の中には有効期限が近づくとダイレクトメールなどで知らせてくれるところもあるので、業者選びのときに気にしてみましょう。

関連する記事